top of page

​MESSAGE

​専務取締役メッセージ

多彩な才能が開花する。カケハシはそんな組織。

専務取締役

圡井 祥康

message_03.webp

なぜカケハシ スカイソリューションズへ?

「中川社長と働きたい」とずっと想っていたから。

実はマイナビにいたころから、いつか中川社長と一緒に会社を興したいという夢を抱いていました。色々な事情が重なりその夢は実現できなかったのですが、55歳になったとき、それが大きな心残りになっていると痛感したんです。

広報宣伝の仕事に十数年間携わってきたこともあって、同じタイミングでテレビ局やマスコミ関連企業からも「うちに来ないか」と声がかかったのですが、何よりも「中川社長と働きたい」という想いが勝りました。その想いが、私の原点を思い起こさせるものだったからです。

smd-message_02

カケハシ スカイソリューションズの良いところは?

この規模からは想像もつかない多彩な事業展開。

マイナビから転職してきてまず驚いたのが、「この規模でよくこれだけのことをやっているな」ということ。少数精鋭のため業務を縦割りにして分業することはできませんし、営業活動と納品業務の両立はもちろんのこと、一人の社員が複数のプロジェクトを兼務するのもカケハシでは普通のこと。

タレント性の高い社員が多いからそれを実現できているのか、並行して多くの経験を詰むことになるから必然的に全員のビジネススキルが鍛えられるのか。どちらが先なのかはわかりませんが、どちらにしても素晴らしいところだなと感じています。

逆に、課題はどこにあると感じますか?

一人が同時に複数ミッションを兼務している点。

これは先ほど話した魅力の裏返しでもあるのですが、まだ成長途中の会社であるため、どうしても一人が複数のプロジェクトを兼務することになり、結果として一つのミッションへのコミットが薄くなってしまうというリスクがあります。逆を言えば、プロジェクトリーダーのポジションがまだまだたくさん空いているということ。

現在大手に勤務しているが、上が詰まっていてキャリアアップを諦めてしまっている人や、変化を求めるイノベータータイプの人にはピッタリの環境です。成長のチャンスは社内のそこら中に転がっていますから。

message_04.webp

転職者へのメッセージ

何も構えずに来てください。転職者を気持ちよく受け入れる文化がありますし、活躍できるチャンスは無数にありますよ!

■ プロフィール

  • 1990年3月 早稲田大学社会科学部卒業

  • 1990年4月 株式会社毎日コミュニケーションズ(現:株式会社マイナビ)に入社 / 就職情報事業本部、転職情報事業本部の要職歴任

  • 2012年12月 株式会社マイナビ 執行役員社長室長就任(宣伝・広告・広報担当)

  • 2018年2月 株式会社ベガルタスポーツクラブ(現マイナビ仙台レディース)取締役就任

  • 2018年7月 株式会社マイナビダイレクト(現株式会社マイナビBX) 代表取締役社長就任

  • 2021年6月 株式会社カケハシスカイソリューションズ 専務取締役として就任

趣味

空手(参段)、マラソン、スキー、ゴルフ、サウナ

カケハシを
知る

top_message.webp

代表メッセージ

専務取締役メッセージ

data.webp

データで見る
カケハシ

benefit.webp

福利厚生

career step.webp

キャリアアップ
モデル

bottom of page