top of page

キャリアチェンジから再びカケハシへ:柔軟な働き方とスキルアップの実現

企画開発事業部 マーケティングサポート課 Nさん


企画開発事業部 マーケティングサポート課 Nさん:インタビュー画像

(カケハシ退職後)前職のお仕事


結婚を機に営業職から事務職へのキャリアチェンジをしたいと思い、中途採用メディアを運営する企業の営業アシスタントに転職。

メディア営業をおこなう営業担当の資料作成や発注業務等、サポートを担当。その後営業企画部に異動となり、売上分析や営業進捗・プロセスの管理、営業資料・企画書の作成等を担当していた。

 

カケハシに戻ろうと決めた理由


事務職でのスキルアップに限界を感じていたときにカケハシ時代の同期から誘いを受けたことがきっかけ。募集していたポジションがマーケティング職で、これまで営業企画部で培った売上分析などのスキルを活かしつつ、当時興味関心の高かったSEOなど専門的な知識を身に着けていけることに魅力を感じ、戻ることを決意。

また、在宅勤務などの柔軟な働き方に対応している点も決め手に。


企画開発事業部 マーケティングサポート課 Nさん:インタビュー画像①


(前職と比較して)当社の課題となるところ


企業規模が小さい分、入社後にキャリアチェンジできる可能性が高くない点。異動するチャンスがないわけではないが、営業系職種以外はポジション自体が少ないため、キャリアチェンジできる人はごく一部と限られる。


評価制度やキャリアパスについてもまだ整え切れてはいないと感じる。また、常に新しいことにチャレンジしていく風潮があるため、プロジェクトを兼務する可能性が高く、一人あたりの業務負担が大きくなる場面も多い。


(前職と比較して)ここがいいよ!と思うところ


成果を出していれば、働き方の自由度が高いところが非常に魅力的。所属している部署では出社はほとんど必要なく、地方移住しているメンバーもいるほど。会社の規定はもちろんあるものの、各々の希望や状況に応じて比較的柔軟に検討・対応してくれる。子どもの急な発熱などでお休みをとる際も、周りの社員が理解を示してくれ、フォローしてくれる。子育て中で、時短勤務をしている私にとっては大変働きやすい環境。


企画開発事業部 マーケティングサポート課 Nさん:インタビュー画像②


当社への応募者に対してのメッセージ


業務に慣れて成果を出し、信頼が得られれば、比較的自由な働き方が認められます。企業規模が小さい分安定感に欠ける部分は多少ありますが、その分柔軟性が高く、自身の理想の働き方の実現を目指せる会社です。新卒入社の社員の割合が高いですが、新卒入社者が優遇されるような風土ではないため中途入社者も馴染みやすい環境です。


基本的には自走することが求められますが、困ったときは助けてくれる人がたくさんいます。

新しいことへの挑戦に抵抗がなく、変化を楽しめる方におすすめです!




Comments


bottom of page